藤枝おやこ劇場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例会企画

2017年度の焼津・藤枝・島田おやこ劇場合同例会企画は3例会
6月単独例会 「茶問屋ショーゴ・ウサ吉くんとカメ男くん、ミニ音楽コンサート」
9月合同例会 「人形劇団京芸 火曜日のごちそうはひきがえる」
12月合同例会 「マーガレット一家 たっちゃんの紙芝居」
2018年3月合同例会 「CAN青芸 あそびにきてね」

9月合同例会での企画候補作品の会員投票を実施します。
3劇場それぞれのおすすめ候補作品の中から二つ選び、シールを貼ります。
当日参加できない会員については事前投票が可能です。

投票数の多さや予算、取り組みなど考慮した上で、合同例会作品3つを選びます。
例会当日はお時間に余裕を持ってお出でくださいね、会場は開演の15分前となります。
待ち時間に投票してください。

9月18日(祝・月)におやこフェスタを開催しました。
参加者のみんなで作った劇団へのプレゼントを当日お渡しいたします。
おたのしみに~!!!
各自で作るプレゼントも大歓迎です。

スポンサーサイト

春ですね

2016年度の例会がきまりました。

6月26日(日)14時開演 会場:藤枝市民会館会議室 
伊藤企画 「鮭の子さすけ」 藤枝おやこ劇場では地域公演として取り組んだことのある、思い出深い作品です。
今の会員の中に懐かしく思い起こされる方もいらっしゃいますね。
今回、藤枝おんぱくの開催後になりますが、「温故知新」はここにも繋がっております。


9月25日(日)14時開演 会場未定 
3劇場合同例会 マジックファクトリーのモンちゃんが来てくれます。
アンディー先生のお弟子さんです。以前は事前の時に五右衛門さんと一緒にマジックを教えに来てくれた方が今回はひとりで
来てくれます。テーブルマジックや他にも驚きのパフォーマンスを披露してくれます。


11月27日(日)14時開演 会場未定 
風の子中部 「かぶとやま大騒動」藤枝おやこ劇場40年記念例会
小学生は主人公の作品 いろんな角度から思いをめぐらすことができる作品
発足の当時を振り返る人・時間・思い出をみんなで共有したいと思います。
多くのみなさんの参加へのお誘いをして行きます。


2017年3月5日(日)14時開演 会場未定
3劇場合同例会 風の子九州 「いまからいえでにいってきます」
県内劇場とのコースで実現することができました、人気作品


藤枝おんぱく 企画 5月22日(日)午前10時~12時予定
詳しくはおんぱくパンフレットまたはwebにてご確認ください。


小学生対象の企画ですが、幼児おやこ向けのプログラムをおやこ劇場独自で企画、同時開催いたします。
追って、会員には通信にてお知らせいたします。

2016年度例会企画作品のこと

9月の例会「キナコちゃんとダンス」に会員のみなさんに投票をしていただきました。

3劇場の合同作品が「もんちゃんぱうわ~」芸能・「いまからいえでにいってきます」舞台になりました。

藤枝おやこ劇場が40年を迎えます。
「かぶとやま大騒動」舞台を藤枝おやこに関わる多くのみなさんと共に、改めて人のつながりの中に子ども達の笑顔があることの幸せを確かめる日になると感じます。

自主活動・おうまのおやこ123 
遊びを中心に2016年度も思い切り遊びます。
自然の中での活動と自己実現の場所としての遊びや学びを主体はそれぞれにありながら、仲間と共有し作り上げる喜びは大人も子どもも同じステージで味わうことになります。

11月1日(日)10時~15時 藤枝市助宗 ひだまり 「秋散歩と川遊びでの生き物探しとおはなし会」

さつまいもの炊き込みごはんと野菜スープを昼にいただきます。

2016年度例会企画

毎年のことながら、大事な例会を決定する時期が来ました。
夏の企画会議に劇団のみなさんは移動距離もさることながら、様々な工夫を凝らして、作品に込められる想いや魅力について
お話をされます。 聞き逃すまいと耳をそばたて聞き入る劇場のみなさん。
全国各地にそんな光景があり、お互いの立場を超えて今子どもたちの成長や発達にとって例会という、生の舞台を届けるということは、いったい何を意味するのか・・・。 

年間に出会う作品は4本が常ですが、劇場の中で話し合い、必要を感じれば出会う作品も増えるのは当然です。
さて、今年度どんな作品に出会うのかな?
もう少しで、発表できますからお待ちくださいね。

大きなお月様・・・例会報告「キナコちゃんとダンス」

9月21日(月)敬労の日・・・3劇場合同例会が無事楽しむことができました。

子育てするって何が大変?
子どもがいうことを聞いてくれないから?

今回はキナコちゃんとパパの一日を描いた作品です。
テンポよくお芝居の時間が流れる中に子ども達の笑い声がきこえます。
その笑いに誘われて、大人も一緒に笑顔になります。
朝、昼、晩とお話の中身によっていろいろなキナコちゃんが現れ、ここいちばんの表現力でみんなを楽しませてくれます。
幼児期の子どもの気持ちが現れているので子どもたちはそこに共感するんですね。
わがままをいうキナコちゃんの様子にちょっと照れてみたり、応援してみたりと反応をいろいろと引き出してもらえる作品でした。
愛する我が子でありながら、予定通りに進まなければイライラも募ります。
お父さんの不器用さも織り交ざり、参加者のお父さんの感想から大変共感されたことがわかります。
最近はお父さんと子どもさんの姿をよく見かけます。
お留守番なのかな? どのお父さんも自然に子育てをされている様子にホッとします。

この作品は十数年前の作品と伺いました。
子育てパパを応援したくなる・・・そんな作品でしたね。


次回はチカパンの大道芸です。
12月13日(日)焼津会場です。楽しみですね!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。