藤枝おやこ劇場

にっこりぽっかり座

劇団風の子中部「にっこりぽっかり座」公演

2月11日(祝)焼津本中根公会堂 

10:30~公演
12:00~おにぎりバイキング
14:00~遊びワークショップ

一日ゆったりと遊び心満載!!

ボノロン外国語学校のヒロさんと藤枝おやこ劇場
センスオブワンダーでの繋がりからです

子どもクッキングのいつ乃さんと子どもたち
看板つくり、当日のおかずつくりとはりきってくれています

ぴーかぶーの参加からまたここにも足をはこんでくれる方もあり
おやこ劇場のことをたくさんの人に知ってほしいですから、
声を掛けていくことって大切です

劇場の会員は2月までの会費納入で、手帳で観ることができます
お申し込みは080-5290-4824秋田まで!!


あっと!!当日 公演班のみなさんと朝蕎麦を食べにいきますよ
焼津市大住の「案山棒」さん
しらすご飯つき・・・笑

スポンサーサイト

育ててよし・・・静岡県子育て助成事業から

2011年1月16日(日)10:30~人形劇団 ひぽぽたあむ 永野むつみさん

9月の例会で人形劇「ばばばあちゃんの忙しい夜」「ちびっこねこのルウ」を公演していただきました

事前に静岡おやこ劇場での講演会に参加させていただき、人形劇を観ながらの子ども達のつぶやきは、劇場の財産になるなあ~と感じました

今回は、例会後なので、事後の意味合いを持つものですが、永野さん自身の引き出しにはいっぱいのお話しが詰まっていますから、どのお話しをしていただこうかに、悩みました

人形劇を観て感じた感想を持ち寄りながら、子ども達の行動には、必ず感情の裏付けがあることを、お話ししていただきました

待つ子育て・・・ここで怒ってはいけないと待つこと? それは、怒る時間を後回しにしているだけなら、大間違いで、待っている時間の分怒りが大きくなっていることってありませんか?

待つ間よ~くみていると、気つくことがいっぱいありますね  普段からも同じことで、観察してると何故そんな行動をとるのかがわかるんです  わかっていたら怒らなくても良いことがいっぱいなのではありませんか?

小さな子ほど お母さんのやることに付随しがちで、我が子をひとりの人間として勤めて意識することは大切なことですね

子どもたちは同じ部屋で遊びながらでしたので、永野さんにはご負担をおかけしてしまいました
でも、それを「魅力的な子どもたち」といってくださるむつみさんに深く感謝いたします

クリスマス会の午後 遊びワークショップ

劇団風の子中部の西川さんにお願いをして、来ていただきました


お話し会や劇場のメンバーとお昼を一緒にとりながら、自己紹介 活動報告
今日のクリスマス会の反省など出し合い、午後の確認を・・・。


お友だちを誘ってくれた子どもたちは、お昼からの参加
保育園が一緒だったけど、今は学校がばらばらです

お母さんつながりで、今日は久しぶりに遊べる~と嬉しそう


はじめましての子たちも、もちろんいるけれど
少しずつ慣れればいいんだからね


西川さんのリードでスタート

自己紹介 まだ声を出すのが恥ずかしい子もいます
手をつないで・・・ ぐるぐる にょろにょろ 絡まる 解く すきなところにいってごらん
繋がるみんなで、歓声が飛び交い  笑顔がいっぱい  不思議だね

おてだま・・・ 小さな子には少し難しいけどそれなりの遊び方はあるものです
お母さんたち大人が必死に2個から3個 ながくできるようにするには、練習あるのみです

はないちもんめ・・・  あの子がほしいのあの子は・・・どんな服? どんな感じ? 髪型? 
言われた本人もえっと? 私かな? どの子? あの子? あっ!!見つけた!!
見つける楽しさも加わって、じゃんけんがより盛り上がります  大笑

学校でよく遊んでいること 教えて・・・
貨物列車やってるよ~

1年生の仲良し3人組 保育園が一緒 久しぶりでも息がぴったり!!

みんなに教えて・・・最初はひとり 歌いながら歩く ガッチャンで相手を見つけてじゃんけんぽん
繋がっていくとじゃんけんにも責任がついてくるからどきどきしちゃう


人きり遊んで、一休み・・・少しお話ししましょうか
我が子のこと 家や幼稚園 保育園でのこと 自身のこと みんなの子育てがそこにはありました
子育ての少し先を経験しているお母さんたちの話しは気持ちを楽にしてくれます
正解を出すのではなくて、たくさんの知恵を引き出しにためて持ち帰ることができたら、我が子の様子に合う対応の仕方のヒントが出てくる

子どもたちの成長と引き出しは、時々見直してあげて思い込みを引きずらない

おやこ劇場は子育て中に大切な人の繋がりを助ける役割を持つことを改めて確認できましたね
みんないい笑顔  クリスマス会からの長い時間でしたが、それぞれの想いが出し合えて、充実した日になりました


遊びからお話しと西川さんのたくさんの言葉かけに力を貰うことができました


<感想から>

新しいところが苦手お胸が苦しくなってしまって、泣いてしまいましたが、良い経験したねと帰りの車の中で話しました。子どもなりにいろいろかんじるところがありました。みんなにできることができなかったり、でも頑張ろうとしたり、言いたいことが言えないのが悲しいけど、どうしても言えなかったり、優しくされてなおさら泣いてしまったり、自分のそういうところに気つけてよかったのだそうです。
「次は言える様に頑張る」そうです。幼稚園ではしっかりものといわれている我が子のそういう部分は無いことにされてしまいますので、親としてもきずけてよかったです。家族にも今日のことを話していて満足していました。まだ、親の胸で泣いてくれるけれど、そのうち自分で乗り越えていくんですね。
みなさんのお話しも参考になりました。子育てに行きずまったとき相談できる人がこんなにいるって嬉しいです。

ほのぼのおやこのほっかほっかクリスマス

2010年12月18日(土)10:00~11:30

生涯学習センター第一会議室 

おやこ劇場とおはなし会のクリスマス会です

劇場のプログラム参加もあって、多様なジャンルで楽しみ方を工夫しました。

もちろん本もお届けしています。


プログラムより

中学生のハンドベル~はじまり

1、ご挨拶

2、手遊び

3、おりがみ 焼津おやこさん

4、エプロンシアター

5、絵本 読み聞かせ

6、切り絵 文学館館長さん

7、人形劇「したきりすずめ」

8、みんなで歌おう!
  サンタが町にやってくる
  きよしこのよる

プレゼント~おしまい



ソリに乗ったサンタさんをみんなで作りました。
顔を書くときには、それぞれ個性豊かな サンタさんができあがっていましたね~。
さて、また来年はどんなクリスマスにしようかな