藤枝おやこ劇場

ハリー堀田の魔法学校

11月27日(日)午前123歳おやこ対象・午後小学生おやこ(幼児も大丈夫)の2ステージ 

会場 藤枝文学館 学習室と2階の展示室を使用、ワークショップとごっこ遊びの融合です

劇団風の子中部 河野真理子さん
お天気に恵まれて、風もない 穏やかな日になりました。

こんな日には家から出て遊びたい!!

藤枝市連華寺池の畔にある文学館で開催した、おやこ劇場のおうまのおやこ123

受付でガムテープに名前を書いて、胸にぺたっ!!ってすると、不思議に遊び心のスイッチが入ります。

まずは、変身だよ~♪ 新聞紙で帽子を作り、杖も・・・世界にひとつだけの魔法の杖の完成です。

満足度100パーセント!!

変身遊びにセロトニン出まくりの中「助けて~ 大事な杖をとられてしまった~」と魔法使いが倒れこみます!!

「よし!!みんなで、杖を取り戻そう~! えいえいお~~~う」

そのためには、悪い魔法使いのバルサミコースの弱点を知る 長老に会わなくちゃいけないんだ

文学館の人に居場所を聞いたり、知らない人に話しかけるのって大変だよ~!どきどきしちゃう!!

長老から貰った指令所を読み解き、弱点探しのヒントを見つけると答えが導きだされる

だけど、手下がうろうろしてるから、見つからないように石に変身したり、木になったりひやひやしちゃう~。

バルサミコースから、杖を取り戻さないと大変なことになっちゃう!!


なぞなぞの答えを合わせて、本当の答えを考えると「わかった~!!」



やっと見つけたのはいいけれど、大きな声で叫んでも効かない!!
体を使って嫌いなものに変身したら泣きながら去っていったんだ! やった~~~~!!

ばんざ~い!! よかったね!!  杖を取り戻せてみんなの笑顔がいっぱいです・・・笑


マリー先生ありがとう  また今度も遊んでね!!

半分泣きそうな顔をしてみたり、それをグッとこらえる姿がいとおしく、大きな声を思い切り出してもいい日
はらはらどきどきがいっぱいだけど、最後は必ず笑顔

こんな遊びをたくさんやってみたいな~  大人も見守り 普段見ない子どもの表情にびっくりの喜びを・・・。
次回はどこで、どんなことをしようかな・・・笑


スポンサーサイト