FC2ブログ
 

藤枝おやこ劇場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡福祉大学 おいらのまちフェスティバルといろはにこんぺいとう

2014年3月16日(日)静岡福祉大学全体を会場にしての寺子屋活動の集大成!!

3年前にご縁をいただき、せんたく日和の仲間による「ダラ共和国」、劇場も知ってもらいながらの地域公演のような試みをしてきました。 特に「福祉を学ぶ大学生のみなさんにも児童演劇に触れてほしい・・・」と強く思いました。
1丁目は手作りブースの創造館・2丁目は体を動かす体育館・3丁目はお菓子作りの調理室・4丁目はせんたく日和と地域交流センターの食堂棟「手仕事のブースがビーズと糸つむぎ、子どもたちのデザートや美味しい海苔巻き、他に国際ことば学園さんの春巻きとカレー、地域交流センターはお餅を振舞ってくださいましたよ。 パンや学生のカフェではパンケーキにお絵かきをしていました。風の子さんもお手玉販売ブースもありで参加者総数は400名くらいになったそうです。外にはSLが走っていましたね。


そして今年は劇団風の子中部の「いろはにこんぺいとう」 ふたりの女性による、優しい舞台です。
幼児から60代60名で幅広い年齢層のみなさんに観ていただけました。

身近なものを使ってのごっこ遊びというイメージなのですが、実際に見ている私たちみんなを「あ~そ~ぼ~」と引き込んでくれて、ここにいるみんなで夢中に遊んだひとときでした。 子どもたちのつぶやきもいっぱいに知らない子同士でおしゃべりしながら、それでいてうるさく感じることがないのです。 ひとりひとりの感受性を大事にしながら、お話が進み大笑いしたり、ん?と考えたり、ほっとしたりといっぱい心を動かしてくれる・・・。そんな暖かな作品でした。

始めてのシアターデヴューという子どもさんも多く、お母さんたちは「こんなにしっかり観ていてびっくりした」と感想を話してくれました。 「子どもたちの反応がおもしろくて・・・笑」というお母さんもいました。

青少年ボランティアの中高生3名の働きにも助けてもらいました。
自主的にお仕事を探して、何事も興味を持ちつつ動いてくれることが頼もしくまた嬉しかったです。

いろいろな方と繋がりを持ちながら、少しずつ前に進むような地道な活動をより丁寧にと思います。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。